純淡水魚類形質データベース

このデータセットについて

 ここで示す純淡水魚類の形質データは、Matsuzaki et al. (2016) のAppendixとして公開されている情報である。62種(種群を含む)の純淡水魚類について、各種の生態的形質をまとめたものである。

Shin-ichiro S. Matsuzaki, Takehiro Sasaki, Munemitsu Akasaka (2016) Invasion of exotic piscivores causes losses of functional diversity and functionally unique species in Japanese lakes. Freshwater Biology, 61(7):1128-1142

以下に和訳した要約(Summary)と、データ項目を示す。

要約

  1. 人間活動は種多様性(species richness)だけでなく、機能的多様性(functional diversity)にも影響を及ぼす。しかし、種の消失が機能的多様性に与える影響は群集間で異なると考えられる。機能的にユニークな種の消失は、機能的多様性のより大きな損失をもたらし、生態系の持続性を損なうことにつながる。
  2. 我々は日本全国の45の湖沼とその流域における在来魚類群集の種多様性と機能的多様性の時間的変化を定量化し、種多様性や機能的多様性の低下と人為的要因及び湖沼形態との関係を調べた。また、湖沼や流域から機能的にユニークな種の消失が生じたか否か調べるために、無作為な種の消失をシミュレーションし、実際に観察された機能的多様性と予想される機能的多様性(シミュレーション結果)を比較した。
  3. 湖沼での種多様性と機能的多様性は、過去から現在(2000年以降)にかけて、それぞれ72.1%と75.5%減少した。しかし、流域では、周辺水域にいくつかの種が残存していたため、種の消失率は湖沼に比べてやや低かった。我々が検討した人為的要因のうち、外来の肉食性魚類の多様性が、種多様性と機能的多様性の減少を最も説明する因子であった。
  4. 種の消失による機能的多様性の変化は湖沼間で異なっていた。機能的にユニークな種の消失は18の湖沼で起こり、外来の肉食性魚類種数の増加によって減少する傾向があった。しかし、この18湖沼のうち5湖沼では、機能的にユニークな種が周辺の水域で残存していた。これらの種の残存は、湖沼の魚類群集における機能的多様性を増加させる可能性があるだろう。
  5. 本研究により、在来魚類群集の存続とそれらが関与する生態学的機能を維持するために、外来の肉食性魚類の管理及び、湖沼と周辺水域間の連続性の維持が重要であることが示唆された。

Summary

  1. Human activities affect not only species richness (SR) but also functional diversity (FD), but the consequences of species loss on FD may vary among communities. The loss of functionally unique species can result in a greater loss of FD, undermining the long-term persistence of ecosystems.
  2. We quantified the temporal changes in the SR and FD of native fish communities at the lake and drainage basin scales (N = 45), and investigated the relationships among these declines in SR and FD, anthropogenic drivers, and lake morphometric characteristics. We also simulated random species loss and compared the observed FD to the expected FD to examine whether losses of functionally unique species from the lakes and drainage basins had occurred.
  3. Overall, SR and FD at the lake scale decreased by 72.1 and 75.5% from historical to current (since 2000) time periods, respectively, but the loss rates were mitigated at the drainage basin scale because some of the species that have disappeared from lakes persist in the surrounding waterbodies. Of the drivers we considered, the richness of exotic piscivores was the most important predictor of changes in both SR and FD. Increases in exotic piscivore richness reduced the SR and FD.
  4. The consequences of species loss on FD varied among the lakes. Loss of functionally unique species at the lake scale occurred in 18 lakes and tended to be associated with increased exotic piscivore richness. In 5 of the 18 lakes, however, functionally unique species persist in the surrounding waterbodies. The persistence of these species may have the potential to increase the FD of lake fish communities.
  5. Our findings suggest the importance of the strategic management of exotic piscivores and interconnections between lakes and their surrounding waterbodies to ensure the persistence of native fish assemblages and associated ecological functionality.

データ項目

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin

コメントは受け付けていません。